image

予想したよりもキツイので返済する金額を減らしたい

利息を支払う分を少なくするためにも、
毎月できるだけ多めに返済したほうがと考え、
借入れの契約時に月々2万円づつ返すことにしました。

しかしいざ返済を始めてみると予定外の出費などが重なり、
できれば返済する金額を減らしたい。

こういった場合、対応可能な借入れ先はあるのでしょうか?

答えはNOでもありYESでもあるといえます。
月々の返済金額はまず、借入残高によって設定されている
約定返済額以上の金額である必要があります。

例えば、借入残高50万円までであれば1万円、
50万円~100万円までであれば2万円、
100万円~200万円までであれば3万円、などのように
約定返済額が設定されています。

上記例の場合で、借入残高60万円であれば返済金額を1万円まで小さくできますが、
借入残高120万円だったなら2万円以下に月々の返済金額を減らすことはできないということになります。

なかには借入残高の小さい場合に、
月々1,000~2,000円の約定返済額に設定している業者もあり、
設定額はかなりまちまちですので、まずは確かめてみることが先決です。
もっと突っ込んで言うなら、それなりの返済金額を継続して返す自信がもてない場合などには、
約定返済額が低めに設定されている借入れ先を最初から選んでおくのも、
賢い選び方であるといえます。

ちょっと余裕がある月には多めに返すべし

年に2回の賞与が入ったり、昇格して昇給したり、
競馬で大穴を当てたり、競輪で大勝したり(笑)などなど、
今月はなぜかお金があるなあという時、そういった時にはとりあえず約定返済額を返済し、
残りは普段我慢している贅沢な楽しみ?に充てるとか。
それはそれでストレスの解消にもつながるし返済もきちんとしているからいいよね?
と思ってしまいがちですね。

しかしお金の借入れ中であるという視点から見た場合には、
できれば臨時返済を行って、できるなら利息として負担分を減らすべきでしょう。

臨時返済というとなんだか聞きなれない感もありますが、
繰上返済とも呼ばれ住宅ローンの返済などでは一般的ですよね。
このときひとつ気をつけるべきなのが、臨時返済をしたんだからといって、
月々の約定返済が必要なくなるというわけではない
という点です。

臨時に1万円を返済しても、毎月1万円を約定返済として返しているなら、
その分も返済しなければ意味がありません
というのも毎月返している分は、すべてが元金として返済されているというわけではなく、
1万円返済しても元金として返済される扱いになるのは、
そのうちの8,000円前後だったりするわけです。(金利にもよりますが。)
そして、臨時返済をした場合には、その全額が元金として返済されるのです。
つまり利息の負担分を減らすにはとても効果的なのです。

月々の返済金額を極力少なくするとどうなる

月々2,000円の支払いでパソコンが買える!とか、そういった広告を見ると、
それだけの金額で買えるならいいかも!と考えて買ってしまいたくなりますね。

現金の借入れでも同様に、ごく小額の返済額を設定できるケースがありますから、
似たような感覚で借りてしまうこともよくある話です。
もちろん月々の負担が小さくて済むという点はメリットであるといえますが、
利息分はそれに反比例して大きくってゆきますから、
総支払額としては返済回数が増えれば増えるほど大きくなってくること、
これだけはしっかり頭に入れておくべきで基本事項です。

そういった意味では、ご自分の返済能力に見合った金額の範囲内で、
可能な限り多くの金額を返すよう心がけることが、
現金での借入れをよりお得に利用するポイントであるともいえます。