image

カードローン外国人の借り入れの際、注意すべきこと

カードローンやキャッシングというのは、日本ならではの文化かと思いきや、
そんなことはありません。日本以外の諸外国でも、
カードローンやキャッシングというのはあります。
ただし日本のカードローンやキャッシングとは多少異なるところがあります。

ドイツのように、かなり厳しい金利制限があるところもあれば
日本の闇金のような消費者金融が当たり前のようにあるところもあります。
銀行で住宅ローンやマイカーローンを融資してもらうのは、
なかなか外国人では難しいものがあります。

しかし、カードローンでの外国人の借り入れの場合には、
住宅ローンやマイカーローンよりもハードルが低いことがほとんどです。
それは、日本のカードローン外国人の借り入れをする場合だけではなく、
日本人が外国でカードローンの借り入れをするときでも同様です。

外国人が日本でカードローンを利用する際に用意するもの

日本でカードローン外国人の借り入れをする際には、
まず用意しなければならないものがあります。

身分証明書

まずは本人を確認するための書類です。
本人を確認するための書類は、日本人でも当然必要となります。
日本人の場合、運転免許証や健康保険証、パスポートといったものが一般的です。
カードローン外国人の借り入れの場合、それとは異なる身分証明書を求められることも多いです。
それは、在留カード。
日本に住む外国人などは、在留カードを持っていなければなりません。
そしてこの在留カードが、カードローン外国人の借り入れの際には必要となります。

審査は厳しめなので収入が多いほうが有利

そして、カードローン外国人の借り入れをする場合には、
日本人よりも厳しい審査になることが一般的です。
それは、決して日本だけの特殊な事情ではありません。
日本人が外国でカードローンを利用しようとしても、同じように
現地の人よりは審査が厳しくなります。
国は違えど、おおむね審査基準は似たようなものです。
収入が多ければ多いほど、カードローンの審査には有利となります。
外国人の場合には、日本人よりもさらに多くの収入が求められるでしょう。