image

50万円借りたい方への指南書 消費者金融はどこがよい?

50万という金額は若い方から社会人まで需要がある金額ではないでしょうか。とりあえず車が無いと休日を楽しく過ごすことができないから軽自動車でも良いから50万円以下の中古車が欲しいとか、結婚指輪やなにか決意ある人生の岐路のために借入するとか高額なんだけど一気に支払ってしまうと厳しいからローンを組みたいという考えはかなり一般的になってきましたね。

50万円の借入は書類提出の必要はある?

消費者金融から50万円かりるのはさほど難しくありません。今すぐ50万円ほしいという人も即日融資で消費者金融から借りることのできる範囲内の金額です。但し書類の用意に関しては総量規制という法律で50万円以上は収入の確認がとられる可能性があります。例えば借入れ希望金額が40万円であれば提出の必要性は限りなく低くなりますが50万にすると、提出してくださいという形になる可能性があります。なので、例えば最初は30~40万にして申込をして審査を通過させるというのも手。

3万くらいなら本当に誰でも簡単に借りれますからね。働いていれば。

結局のところ即日融資を行いたいのが消費者金融の本音(契約一度したほうが事業者としては嬉しいでしょ)ですので、一回申込を完了させてから実績(数万借りて返済をきちんと気事実まで行う)を作るのもよし。一度実績を作り後から限度額上がらないかという相談も基本的に電話で出来るのが消費者金融のいいところです。書類を集めるのに時間がかかりそうであれば、先にカード発行だけ済ませておき書類がそろってから再度そういったお願をするときに書類を郵送や写真で携帯から送るだけで基本的には問題ないです。

書類は収入がきちんとあるのかがわかるものが必要で消費者金融によりきめられているモノが違いますが、直近の、給与明細や市役所で手数料を払い取得できる、所得証明書、税金を昨年いくら払ったかなどの書類で問題ありません。会社によって違うのでこれもHP上で確認するか、電話で聞けば教えてもらえます。

年収150万以下や大学生のアルバイトは50万は借りれない可能性も

年収150万円以下の場合や学生の場合は50万借りるのが難し場合もあります。年収の問題で低収入の方は審査落ちする場合もありますが学生でアルバイトを月22万円稼いでいれば年収的に条件はクリアできています。このような場合でも学生に対しては貸付してくれないのでしょうか。答えはイエスです。

いえ、貸してくれる消費者金融もありますが大手の世間体とでもいうべきか審査基準がしっかりしているところは学生さんに対し10万円の限度額と上限を決めているところが結構あります。どうしても借りたい学生さんはそういった上限のないところを探すか金利が高め(金銀業法の範囲内)の学生ローンから借りる等すれば用立ては可能でしょう。

50万円貯金するなら借りたほうが時間を節約できる

50万円くらいの金額からが消費者金融や銀行から借りるメリットがあると私は考えています。1万2万であれば貯めるというよりも単発で瞬間的に必要になるお金じゃないですか。でも50~100万となってくると、選択肢としてはお金を貯めて何かを買うかローンを組むかの2択になってくると思います。

そう考えた時、月収が30万円の方が貯金をできるのは家賃、光熱費、食費、交際費などを差っぴいてせいぜい5万くらいが現実的かと。その時点で10ヶ月かかるわけです。毎月5万を返済していくと考えてその10ヶ月を手に入れられるのが消費者金融なんですよね。額的に5がつらいなら2.5万くらいすればいいだけ。

例えば17.8%の金利で50万を24回払いで返済をした場合、毎月の返済額が「24,913円」と算出されます。キャッシングで借りてボーナス時にだけ一括返済できる?で触れたのですが、臨時収入が合った場合は繰り上げ返済もできるので途中給与が上がったなどで寝かせるお金があるなら一括で残金を返済してしまうのが良いでしょう。

また逆の計算で、24ヶ月で50万貯めるとなると「月々:20,833円」になります。考え方としては、差分の4,080円で1ヶ月お金を貯めていく時間を買うのか、地道に2年たって50万貯めるのかどちらをとる?という話ですね。

実際お金は大事なんですが根本的に何のためのお金なのかを見失っている現代人は多いです。充実している人は無理な借金はしないでやりたい事の為にガンガンお金使ってますよね。