image

キャッシング・ローンとは?

消費者金融や銀行などが小口融資、大口融資で
個人や法人にお金を貸すことをキャッシングやローン(融資)といいます。
お金を借りた人は利息制限法にもとずいた一定の利息をつけ
返済をする
という条件の下でお金を借りることができます。
利息制限法とは、法律ですので
これを消費者金融が拒否することはできません。

利息制限法に背いた金融商品の販売(金貸し)は当然の如く禁止されているので
もしもそういった違反をした業者から借りてしまった場合は弁護士などを
はさんでお金を取り返すことができたりします。
細分化すると様々な商品があります。
それに関しては“キャッシングとローンの種類”にて詳細を案内します。

賃金業法改正

近年ですと2006年に賃金業法が改正されました。
2010年6月に完全施行されました。20%~29.2%の差分の金利を
グレーゾーン金利
といい、2010年6月以前にこのグレーゾーン金利を払っていた債務者は弁護士を通しこぞって債務整理(過払い金の取り戻し)を行い、資本がない金融業者が軒並み閉鎖していきました。

キャッシングはこのように業者と借りる側の間で金利だけで
成り立つ金融商品です。

貸す側のメリット

貸す側は当然のごとく、金利を取り利益を出します。
現在は一般的に称される闇金融ではない信頼できるキャッシングやローンサービスは
ほぼ銀行系や信販系の業者ばかりです。一般的に消費者金融と言われている業者も
銀行のグループ配下で運営が進んでいたりします。

借りる側のメリット

商品により異なりますが、キャッシングサービスの場合は小口融資、
1万円程度からの融資が可能な為気軽に利用が可能です。最近では1000円から借入が可能な
キャッシング会社もあるので、必要な額のみ借りれるようになっています。
大口のローンですと、通常何年も、何十年もお金を貯めてからでないと
買えないものが買える
ということになると思います。
金融緩和等が騒がれていますが
冷静になって考えるとローンがなければ経済は回らないでしょう。
2度言いますが、ローンがなければ例えば一軒家を購入できる人は
1%以下になると言っても過言ではありません。
車でさえ1%を切るかもしれないレベルかと思います。

金融緩和し誰にでもいくらでも貸せば景気は良くなるのか?
但し、何でもかんでもお金を貸せばいいということはありません。
記憶に新しい、リーマンショックの破たん、サブプライムローン問題等は
それに似ている事例です。
簡単に説明するとサブプライムローンは、いわゆる低所得者に対し、住宅ローンを組ませた
ことにより、貸す側が資金繰りのために証券化したことが理由と言われています。
低所得者が返済ができなくなり証券ですからそれがきっかけで。。。という形になります。

まとめ

キャッシングとローンはこういった金融の世界にある
商品の中のメジャーなカテゴリに属します。
利息制限法が変わったりしたときに
対応ができなかった人もいるでしょう。
概要を知っておくことで、そのようなことをなくすことができますので
是非知っておいて頂きたく思います。

くどい説明をすっ飛ばしてさっさと借りたいならキャッシング ランキングから探してください。